メインビジュアル

第3回地球観測研究公募のお知らせ

最終更新:2022.9.5

重要なお知らせ

EO-RA3レイトプロポーザル(その1)の受付は予定通り2022年8月31日で締め切りました。

第3回地球観測研究公募(レイトプロポーザル)について

宇宙航空研究開発機構(JAXA)第一宇宙技術部門 地球観測研究センター(EORC)では、JAXAの地球観測衛星データの利用研究、利用実証及び社会実装等に資するため、この度、第3回地球観測研究公募(Research Announcement on the Earth Observations: EO-RA3)を行います。
今回の第3回地球観測研究公募では、以下に示すように、従来の衛星ごとのプロジェクト研究に加えて、地球規模課題や社会課題の解決に向けた複合利用研究を募集します。

①衛星ごとのプロジェクト研究(アルゴリズム開発、校正検証、応用研究)においては、JAXAの中長期計画に沿った重点課題を設定して、その拡充と深化に資する研究を公募します。

②複合利用研究においては、喫緊の社会課題および中長期的な社会課題の解決、気候変動等の地球規模課題の解決や持続可能な開発目標(SDGs)の達成に資するため、複数の衛星データを利用した研究、衛星データと数値モデルを融合した研究、AIや地理空間情報等の技術や様々なビッグデータを活用した研究、産業振興及び公共的な衛星利用分野の拡大に向けた研究、教育に資する研究等、幅広く公募を行います。

本研究公募は、国内外の研究者・技術者の方々の協力により、社会の様々な分野におけるJAXAの地球観測衛星データの利活用促進、新たな利用シーズの開拓、地球科学研究の推進を図るものです。また、衛星ミッションの確実かつより大きな成功につなげるため、高精度で利用価値の高いデータ・プロダクトの開発、データ応用利用による先進的な研究の推進等、研究成果の最大化を目指します。

対象となる衛星ミッション及びデータは、温室効果ガス・水循環観測技術衛星(GOSAT-GW)搭載高性能マイクロ波放射計3(AMSR3)及び水循環変動観測衛星(GCOM-W)、気候変動観測衛星(GCOM-C)、全球降水観測計画(GPM)及び降水レーダ後継ミッション、陸域観測技術衛星2号(ALOS-2)、先進光学衛星(ALOS-3)、先進レーダ衛星(ALOS-4)、ISS搭載ライダー実証(MOLI)、雲エアロゾル放射ミッション(EarthCARE)、とします。ただし、今後打上げ予定の衛星ミッションについては打上げ時期やデータリリースは現時点における計画に準ずるものであり、今後変更の可能性もあります。またデータの提供方針についても各ミッションのデータポリシーに準じます。

注記)
・複合利用研究カテゴリにおいてALOS-2/-3/-4データをそれぞれ利用する研究提案でかつ他のJAXAプロジェクト研究カテゴリが含まれない提案については、RA3での研究提案の選定では、ALOSプロジェクト研究カテゴリの提案として位置づけることが妥当とされましたので、ALOSプロジェクト研究カテゴリでの提案とすることを推奨します。またALOS-2/-3/-4データを主に利用する研究提案で有償研究として採択された提案はありませんでしたので、提案時の参考としてください。
・温室効果ガス観測技術衛星(GOSAT) 、同2号機(GOSAT-2)及び同3号機となるGOSAT-GW搭載のTANSOシリーズについては環境省、国立環境研究所と共同で研究公募を実施している状況を踏まえ、本EO-RA3の対象外とします。また、気象庁の静止気象衛星「ひまわり」のデータについては、上記JAXA衛星データと併せて利用可能ですが、「ひまわり」データのみを利用する研究については本EO-RA3の対象外とします。

各衛星ミッションで募集対象とする研究テーマ項目の一覧を以下に示します。

衛星ミッション アルゴリズム開発 標準プロダクトの校正・検証 応用研究
AMSR3 & GCOM-W
GCOM-C
GPM & 降水レーダ後継ミッション
ALOS-3
ALOS-2/4
MOLI
EarthCARE

○:募集対象
-:募集対象外

複合利用研究で募集対象とする研究テーマのカテゴリを以下に示します。

研究テーマ 応用研究
地球システムの総合的理解に関する応用研究
社会課題の解決に貢献する応用研究

○:募集対象

研究提案

募集要領等の関係書類を以下よりダウンロードし、内容を熟読いただいた上でご応募下さい。応募にあたっては、まず下記の登録用webサイトにアクセスし、応募に必要なIDを取得してください。ID及び提案登録用webサイトのURLが記されたメールが送られますので、提案登録用webサイトにて必要事項をご記入の上、指定の応募フォーム、提案書および論文別刷等の付録一式をPDFファイルに変換したものを提案登録用webサイトからご提出ください。もしも、何らかのトラブルで提案登録用webサイトからご提出できないような場合には、下記の地球観測研究公募 事務局へ電子メールにてご連絡ください。
また、応募書類のダウンロードができない方は、事務局までご連絡いただければ募集要領一式をお送りいたします。

「第3回地球観測研究公募 募集要領」

  1.  募集要領本文
    資料 3rd_EO-RA_guide_J_revB.pdf:日本語
    資料 3rd_EO-RA_guide_E_revA.pdf:英語
     ※ガイド(日本語版および英語版)の更新を行いました(2022年7月13日)
  2.  Appendix A,B,C(応募フォームCの説明及び研究契約約款)
    資料 EORA3_Appendix_A_Inst. of Form C-1_EJ.pdf:日本語及び英語
    資料 EORA3_Appendix_B_Inst. of Form C-2_EJ.pdf:日本語及び英語
    資料 EORA3_Appendix_C_Research_Agreements_J_rev_B.pdf:日本語
    資料 EORA3_Appendix_C_Research_Agreements_E_rev_C.pdf:英語
    ※ 研究契約約款(日本語版及び英語版)を一部変更し、改訂版への差し替えを行いました。(2022年6月10日)
  3.  Appendix 1~8(各衛星ミッション概要等の説明)
    資料 EORA3_APPENDIX1_GCOM.pdf:英語
    資料 EORA3_APPENDIX2_GPM.pdf:英語
    資料 EORA3_APPENDIX3_EarthCARE.pdf:英語
    資料 EORA3_APPENDIX4-7_ALOS-2/-3/-4 & MOLI.pdf:英語
    資料 EORA3_APPENDIX8_AMSR3.pdf:英語
  4.  応募フォーム (FormAを改訂(rev.A)しました。)
    資料 EORA3_FormA_EJ.docx:英語及び日本語
    資料 EORA3_FormB_EJ.docx:英語及び日本語
    資料 EORA3_FormC-1_Funded_EJ.docx:英語及び日本語
    資料 EORA3_FormC-2_NoFund_EJ.docx:英語及び日本語

    応募フォームへの入力は英語または日本語、どちらでも可能です。今回新しい応募フォームに変更しておりますので、必ず今回の新しい応募フォームにてご応募ください。

    なお、応募フォームAに記載が必要な責任者は必ずしも機関の長である必要はなく、共同研究契約等の文書をJAXAと取り交すことのできる権限を有する者(研究部門の長等)であれば結構です。
  5. 資料 EORA3_Notice_of_Amendments_2.pdf

公募選定に係る主なスケジュール

公募発出 2022年7月19日
提案書締切り 2022年8月31日17:00 (日本時間) (必着)
選定結果通知 2023年1月中旬ごろ
研究開始 2023年 4月以降、契約締結され次第開始

登録用webサイト

下記リンクは登録専用のURLとなります。本JAXAサイトから外部サーバーにリンクされます。
【URL:https://eo-ra.jp/3rd_eo_ra_entry_step1_j.html

RA事務局 / 問い合わせ先

〒305-8505 茨城県つくば市千現2-1-1
宇宙航空研究開発機構 筑波宇宙センター
地球観測研究センター(EORC)
地球観測研究公募 事務局
Fax: +81-29-868-2961
E-mail アドレス:

機構のメールサーバの性質上、フリーメール(Gmail、Yahoo!メール等)が届かない場合があります。極力、フリーメール以外のアドレスから送付をお願いします。

最新情報を受け取る

人工衛星が捉えた最新観測画像や、最新の研究開発成果など、
JAXA第一宇宙技術部門の最新情報はSNSでも発信しています。