メインビジュアル

農林水産業

農林水産業は、生命を支える「食」と、安心して暮らせる「環境」に直結する重要な分野です。少子高齢化のなかで、農地・森林・海域の効率的な管理が重要となっています。
衛星データは、土地の状況を、航空機やドローンより広範囲で把握し、整備・更新をしていくことができます。また、衛星センサによっては、土地の地表温や乾燥度、海においては海面温度等が計測できることから、農作物のでき具合等も把握でき、農林水産業の収益向上にも繋がります(図1)。

拡大

図 1:衛星データから解析した地表面温度

このような技術を活用して、衛星データを利用した、国・地域ごとの気象・植生データが農林水産省から提供されています(図 2)。

拡大

図 2:農業気象情報衛星モニタリングシステム(JASMAI)のトップ画面
(引用:農林水産省 Webサイトより)

また、水産業では、遠洋漁業に役立つ世界規模の海面水温や潮流、気象情報等を、インターネットを通じ提供するシステムが現在使われており、そこには地球観測衛星データが活用されています(図 3)。

拡大

図 3:海象・気象情報サービス「エビスくん」で提供される海面水温の画面
(引用:一般社団法人 漁業情報サービスセンターWebページより)

このように、農林水産業における情報収集を行う際に、衛星データが活用されています。今まで人や航空機で行ってきた作業を、衛星データを併用もしくは代替することでより効率的に実施できることが期待できます。また、衛星データと他のデータを組み合わせることで、Society5.0やデジタルトランスフォーメーション(DX)といった社会の実現に、貢献していきます。

最新情報を受け取る

人工衛星が捉えた最新観測画像や、最新の研究開発成果など、
JAXA第一宇宙技術部門の最新情報はSNSでも発信しています。