メインビジュアル

データ利用の流れ、利用相談

データを探す

JAXAでは、標準プロダクトと研究プロダクトを公開しています。標準プロダクトはJAXAが精度保証を行っています。JAXAが研究開発中の高次処理データは、研究プロダクトとして公開しています。

標準プロダクト(G-Portalから入手)

GCOM-C、GCOM-W、GPM、GSMaP、TRMM、AQUA、ADEOS、ADEOS-II、JERS-1、MOS-1、MOS-1b、SLATS、CIRCの中低分解能衛星データは、地球観測衛星データ提供システムG-Portalから提供を行っています。標準プロダクト(JAXAが精度保証を行うデータ)の検索、入手を希望される方はこちらをご利用ください。

※ALOS/ALOS-2に関するデータ検索(協定のあるPIにはデータ提供を含む)については2021年10月中旬から開始予定

GOSAT・GOSAT-2関係のデータ、研究プロダクト

GOSAT、GOSAT-2データの入手、研究プロダクト(JAXAが開発を行う高次処理データ)の入手、閲覧を希望の場合は、データ提供サイト一覧で紹介されている各サイトをご利用ください。

データ利用ポリシー

JAXAの地球観測衛星データは、各データ提供サイトで明記しているデータ利用ポリシーに従ってご利用いただけます。JAXAの多くの地球観測衛星データには、次のデータ利用ポリシーが適用されています。

※陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)シリーズの一部のデータや、気象衛星「ひまわり」のデータについては利用上の制限があります。詳細は各データ提供サイトに示されたデータ利用ポリシーをご確認ください。

利用相談

データの利用に関してご不明点がある場合は、次のページからお問い合わせください。

最新情報を受け取る

人工衛星が捉えた最新観測画像や、最新の研究開発成果など、
JAXA第一宇宙技術部門の最新情報はSNSでも発信しています。