メインビジュアル

GCOM-Wプロジェクト

拡大

地球環境変動観測ミッション(GCOM: Global Change Observation Mission)は、マイクロ波と可視赤外の2つの波長域で地球環境変動に関わる地表面温度、水蒸気、植生、雪氷面積などの観測を行うJAXAのミッションです。GCOM-Wプロジェクトでは、地球観測衛星に搭載されたマイクロ波放射計を利用した気候変動に関する地球科学研究・利用研究・校正検証を行っています。

気候変動の兆候が顕著に表れる海氷・氷床・積雪などの雪氷圏変動、エルニーニョに代表される大気・海洋相互作用に伴う海面水温・降水量・水蒸気量などの変動の観測を行っています。さらに、これらの気候変動を理解する上で不可欠な大気・海洋・陸面間の水・エネルギー交換の定量的把握のために、海上風や土壌水分などの観測も行っています。観測したデータは衛星全球降水マップ(GSMaP)への入力データとしても利用されています。大気中の水蒸気量や海面水温の情報は気象庁の数値予報システムへの入力データとしても用いられています。

関連する主な人工衛星、センサの一覧(マイクロ波放射計)

衛星名 主なセンサ 観測期間
温室効果ガス・水循環観測技術衛星(GOSAT-GW) 高性能マイクロ波放射計3(AMSR3) 2023年度~(予定)
水循環変動観測衛星「しずく」(GCOM-W) 高性能マイクロ波放射計2(AMSR2) 2012年~(運用中)
Aqua衛星
※日本、アメリカ、ブラジルの共同ミッション
改良型高性能マイクロ波放射計(AMSR-E) 2002年~2015年
環境観測技術衛星「みどりII」(ADEOS-II) 高性能マイクロ波放射計(AMSR) 2002年~2003年

最新情報を受け取る

人工衛星が捉えた最新観測画像や、最新の研究開発成果など、
JAXA第一宇宙技術部門の最新情報はSNSでも発信しています。